トイレの便器周辺の排水管 水漏れやつまりの対策

つまりや異音など、様々なトラブルが発生するトイレですが、緊急度の高いトラブルといえるのが便器周辺の排水管 水漏れです。水漏れは放置するほどに被害が拡大してしまうため、対処するスピードが求められます。対処が遅れると、配管周辺の劣化や腐敗を引き起こし、集合住宅の場合は近隣住人にまで被害が及ぶことがあります。そのような事態を避けるためにも、便器周りの排水管 水漏れが発生しやすい場所と対策を知っておくことでスピーディに応急処置をすることができます。

■水漏れが発生しやすい箇所と対策

壁とタンクを繋ぐ部分から水漏れが発生している場合、ネジのゆるみかパッキンの劣化が原因と考えられます。まずはネジをしっかりと締め直し、解決しなければパッキンを交換します。
便器とタンクを繋ぐ排水管 水漏れの場合もネジのゆるみが原因と考えられますが、まず最初に止水栓を止める必要があります。タンク内の水を空にしてから作業に取り掛かるのがポイントです。


■業者を呼ぶ必要がある排水管 水漏れ症状

便器とタンクを繋ぐ排水管 水漏れでも、構造上見えない部分に配管がある場合があります。この構造の場合は、タンクを取り外すといった技術が必要な事があるため、専門業者に依頼をする必要があります。
また、便器本体と床の隙間からの水漏れに関しては、便器のひび割れや設計上の問題、異物のつまり等の可能性があり、いずれにしても便器本体を外さなければなりません。これは一般の素人ではできない為、業者に依頼をする必要があります。


■まとめ
トイレの排水管 水漏れの応急処置のための道具は、ホームセンター等でも気軽に購入できるため、念のために常備して置くと安心です。何度も同じ箇所から水漏れする場合は寿命も考えられます。自分で応急処置をした後も、専門の業者に見てもらうと、二次災害を防ぐことにも繋がり、より安心して使用ができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ