自分で出来るトイレのつまり修理

生活の中でも使用頻度の多い場所であるトイレは、その分トラブルも多く発生する場所です。緊急度の高いものから、自身で修理できる軽度のものまで様々なトラブルがありますが、できれば自分で解決したいものです。しかし、いざつまりが発生した際に、どうしたらいいかわからない、ということも多いのではないでしょうか。

■つまりの前兆にはどんな症状があるか

トイレのつまりが発生する前に予防ができれば、修理は必要なく、被害を事前に食い止めることができます。その為にも、発生する前兆を察知することが必要です。例えば、水を流した直後の水位が高い場合は、排水管の途中につまりが起こっている事があります。また、流れるスピードがいつもより遅い場合は、排水管の奥の方がつまっている可能があります。
水は流れるけれど、異音が聞こえることもあります。この場合は、汚水弁などに問題があると考えられます。

■つまりの原因と修理の方法

大きく分けると、水流の弱さと異物のつまりの2つの原因があります。水流の弱さの原因はタンクに問題があったり、建物の水圧等が関わってくるため、自身で対策するのではなく、業者に依頼をする方が賢明です。異物のつまりが原因の場合は、取り除くことでトラブルが解決します。異物として最も多いのが、オムツや生理用品等です。これらは水を吸うと膨張する為、放置するほど悪化してしまうので、速やかな対処が求められます。逆にトイレットペーパーは水に溶けていくので、つまった場合は少し時間をおいてから流せば解決できることが多いです。

■まとめ
自分で修理する際には、原因となっているものを物理的に取り除くといった方法で対応ができます。ただし、それらの対策をしても解決しなかったり、手が届かない様な奥の部位で起こっているトラブルは無理せずに、業者に修理を依頼することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ